読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾野ましろ One-man-live Birth_セットリスト_感想

綾野ましろのライブに行ってきました。

品川ステラボールでのワンマンライブです。

 

5月に新曲が出るので、それのお披露目も含めて久しぶりのライブ講演という趣旨でしょうか。

 

以下、セットリスト

 

1. Wingless Diver

2. 刹那クロニクル

3. tiny wings

4. labradorite

 

5. shinkiro

6. marionnette

7. ハーフムーンフラワー

8. Lotus Pain

 

9. New Look

10. pledge of stars

11. BELIEVE

12. infinity beyond

 

13. 幻燈

14. 憧憬

15. スパイラルガーデン

16. vanilla sky

17. ideal white

18. 春想の街

 

19. ANGEL HORIZON

20. RAY OF LIGHT

 

やっぱり春想の街はいいですね、何度聞いても。

上げ曲もいいと思いますが、聞かせる曲もライブ映えするなぁと思いました。

 

OPの映像は生命の誕生を感じてほしいというコンセプトの映像でしたが、

女神転生でも始まりそうな感じで、私は好きでした。(綾野ましろのイメージ上はどうか知りませんが)

 

終演後に夏のライブハウスツアーの告知が出ていましたね。

私は2ndアルバムが出るまで座して待とうと思います。

 

水樹奈々 出雲大社御奉納特別公演_セットリスト 感想

久しぶりの遠征で島根県まで来てしまいました。

ライブが無くとも観光でまた来たい場所ですね。何もないと思っていたらとんでもない。素晴らしい観光資源に恵まれた場所だと思います。

 

以下、セットリスト

 

1. アヴァロンの王冠

2.SEVEN

 

3.LOVE&HISTORY

4.終末のラブソング

5.君よ叫べ

 

6.二人のMemory

7.「好き!」

 

8.時空サファイア

9.suddenly

 

10.METRO BAROQUE

11.GLOLIA

12.Synchrogazer

 

13.残光のガイア

 

アンコール

14.テルミドール

15.NAKED FEELS

16.Astrogation

 

ダブルアンコール

17.愛の星(イタルビッチとタイマン)

 

2時間半でしたので、曲数は少なかったですね。

物足りなさがどうにもあるライブでした。

 

でも、懐かしい曲も数多く組み込まれていて、楽しいライブだったというのが率直な感想です。

 

縁結び、ということで全体的に愛や神話という言葉をテーマにしたとのことで、

結果としていつもと違う趣になったという感じでしょうか。

ジパングのように、和をテーマにというのは割と曖昧になってしまう傾向があるかと思いますが、

愛や神話という歌詞の部分に強くフォーカスし、全体的に分かりやすいセットリストだったと

見返してみると思います。

 

どうでもいいですが、水樹奈々はバラードに失恋歌が多すぎるので、こういう時困ったんじゃないかと勝手に想像します。

 

愛の星は救世主ですね。

(愛の星と絶対的幸福論以外にその手の曲はないんじゃないかと思うのですが…)

 

7月にシングルを2枚出すとのことです。

ミュージカルあるから歌手方面の活動は控えるのかしらと思っていたのですが…。

奈々さん過労死コースですね、これは…。

非常に楽しみな反面、無理をしないよう、ご養生頂きたいところです。

 

屋外ステージで、仮設なのだから当たり前なのですが、

音響が酷いですね。

当たり前なのですが。

音量が安定しないわ、奈々さんの声が前半は聞こえないわで。

大丈夫かよと、思いましたが。

 

1番最初のMCがやたら長かったのは調節していたんじゃないかと

邪推してしまいますね。

 

次はスガフェスですね。

楽しみにゴールデンウィークを待とうと思います。

綾野ましろ WHITE PLACE_感想

ロックばかりのレビューをしていたので、たまにはということで。

 

デビュー3年目にしてファーストフルアルバム。綾野ましろの作品です。アニソン歌手ですので、シングルはすべてアニソンですが、あまりタイアップに恵まれていないなぁという印象を持っています。

 

割と本気でFate/Stay nightのOPしか知られていないんじゃないかと思っていますが・・・。

 

作品名がWHITE PLACEで、ましろ(真っ白)ということで全体的に白というか清純感というか、王道感というか、そういった雰囲気が漂っているアルバムです。

 

1曲目のインストが終わって、2曲目のideal whiteは、Fate/Stay nightのOPテーマです。MVが真っ白だからなのか、なんとなく白いイメージのある曲ですね。でも疾走感があって正統派のアニソンかなというイメージです。

初めてこの曲を聴いて感じたのですが、綾野ましろのスカーンと出る高音は聞いていて気持ちいいですね。この高音と、透明感のある声質が相まってテンポの速い曲もバラードも非常に聴きやすいです。

アニソンというのを除いても是非ともお勧めしたい歌手ですね。

 

3曲目のスパイラルガーデンもideal whiteに続いて疾走感で攻めた感じの曲です。

 

4曲目のLotus Painもアニソンですね。ディーグレイマンの主題歌だそうで。綾野ましろ本人もディーグレのファンだそうで、この曲には思い入れがあるそうです。

シングルでは唯一のバラード調の曲です。声質的にはスピード感のある曲の方があってるんじゃないかと思っています。声質というよりは歌い方ですかね。本人の趣味欄に好きな歌手がthe Gazetteとか書いてるぐらいですから、あぁなるほどという感のある歌い方というか癖ですので、曲を選ばざるを得ない歌い方ですよね。

 

5曲目の刹那クロニクルは、これこそという感じのロックチューンですね。こういう曲があの歌い方にはマッチしますね。私は気に入っています。

今後も彼女のライブ定番になっていくんだろうなと感じさせる曲です。

 

7曲目のmisty wayは個人的に好きです。どこがと言われるとメロディーとしか言えないですね。

綾野ましろの声の透明感を最大限に生かした曲調と歌詞がなんとなく私の中でマッチしたという流れです。

シングルで好きになったという人にはマッチしないかもなというか、好き嫌いが分かれそうな曲かなと思います。

 

9曲目のvanilla skyはアニソンですね。ガンスリンガーストラトスとかいうあまり面白くない(個人の意見です)作品の主題歌です。

曲はいいのになぁと2,3話みて思いました。

今のところ綾野ましろでは2番目に好きな曲です。

ライブ映えする曲ですよね。

サビの入り方が好きですね。

"ででっ、ででっ、でっ、ででで、今~"

っていう所が特に好きです。

ラストの高音部分とかライブで出るのだろうかと思っていたのですが、実際に聴いたらしっかり出ていてびっくりしました。歌うまいなぁと思います。

 

12曲目の憧憬も非常にかっこいい曲ですね。刹那クロニクルと同じで、ロック調でり非常にお気に入りです。

 

14曲目の春想の街は、私が一番好きな曲です。

さんざん、疾走感のある曲が合うと言っておきながらという話ですが、この曲をもって綾野ましろのファンになったといっても過言ではないですね。

バンド音楽でありながら哀愁というか切なさというか、聞きほれてしまうようなメロディーで、1音1音丁寧に歌っているな、という感じが伝わってくるような曲だと感じます。

ラルクのpiecesとかジャンヌダルクの桜とかそういう系統の曲を連想させる曲だなぁと思っています。

この曲も今後ライブの締めくくりの定番になっていくんでしょうかね。私は好きです。

 

以上になります。

藍井エイルがいなくなってしまったので、この系統は穴が開いたと思っていますので、今後の活躍が楽しみです。

今はひたすらにステラボールを楽しみに待ちます。

あと新アルバムを早いところ作ってほしいですね。

 

 

Versailles JUBILEE_感想

今年になって活動再開したとのことですので、懐かしい作品のご紹介です。

 

Versaillesのメジャー1作目のアルバムです。貴族風のコスチュームでメタルソングを演奏するというプレイスタイルで人気のバンドです。

つい最近まで活動を停止していましたが、先日の日本武道館公演をもって活動再開しました(私はそれには行けませんでしたが・・・)

 

本アルバムの中にはあまり定番曲はないのですが、(ライブなどでの演奏頻度が高いなど)

インディーズ時代のアルバムの方が定番曲が多いのですが、

私はこのアルバムが一番好きですね。

 

1曲目のGod Palaceは、一発目から10分の超大作ですが、曲自体に動きが多いですので飽きてしまう、長く感じる、という感覚はないと思います。

だらだらと演奏で間を持たせているような曲ではなく、一つのストーリーが進んでいくような、長い曲ではありがちな作りかもしれませんが、数ある10分ソングの中でも傑作のひとつに数えられると思います。

 

2曲目のAscendead Masterは本アルバムのリード曲になり、これに関してはライブにおいても定番曲です。曲全体に流れるメタルらしい疾走感と、ボーカルKAMIJOの醸し出す雰囲気がきれいにマッチした歌詞の世界観がうまく合わさった曲です。

個人的にはVersaillesの曲の中では3本の指に入る名曲だと思います。

カラオケで歌えば、サビの歌詞でほかの人たちのウケを狙えることは間違いないです。

歌詞通り燃え上ってしまうかもしれませんが…。

 

ちなみにライブで行われる謎の振り付けも見ものですが、私はいまだにどうやっているのか分かりません。

 

4曲目、愛と哀しみのノクターンは、疾走感という言葉が似あうようなヘドバン曲です。

前奏からグッと引き込まれてあとは頭を振っていればいつの間にか曲は終了しているような、そんな曲です。

ピロピロピロピロならす曲でもありますので、スピードメタルファンも満足の逸品だと思います。

 

5曲目、Amorphousで小休止です。

疲れた首を休ませるような、歌詞も癒しましょう的な、そんな一曲です。

メロディラインが綺麗なので、本当にアルバムの中ではいいアクセント曲だと思います。

 

6~10曲目までは(7曲目を除いて)またスピードメタルチックになります。

特に10曲目のPRINCESSはおすすめです。これまた8分の大作で、God Palaceのような曲調に振れ幅あるという感じとは違いますが、曲全体がメタルの疾走感と壮大さが折り合っており、メタルファン的には心地よい曲なんじゃないかと思います。

曲が終わった後は、もう終わっちゃったのかと名残惜しい気分になれる曲です。

 

11曲目は実質最終曲のSerenadeです。

締めにかかったバラードという感じがありありと出ており、ボーカルの声をじっくりと聞きたい人にはたまらないのではないかと思います。

(私はPRINCESSでアルバムの電源を切りますが・・・)

 

以上です。

結局ほぼほぼ全曲感想を書いてしまいましたね。

NOBLEも傑作だと思いますが、個人的にはJUBILEEの方が好きな曲が多いです。

 

KAMIJOのソロプロジェクトも嫌いではありませんでしたが、やっぱりVersaillesとしての今後に活動に期待したいですね。

水樹奈々 LIVE ZIPANGU_2日目_感想

水樹奈々 さいたまスーパーアリーナへ行ってきました。

 

2日目です。

 

とりあえずセットリスト

 

1. WILD EYES

2. はつ恋

3. 純潔パラドックス

4. BRACELET

5. Stay Gold

6. ETERNAL BLAZE

 

CHERRY BOYS コーナー

 

7. STAND UP!

8. Dear Dream

9. Pray(企画:ベースでのアコースティック)

10. ALONE ARROWS

11. エデン

 

Team YODA コーナー

 

12. Please Download

13. ドラマティッククラブ

14. POWER GATE

15. TWIST & TIGER

16. ヒメムラサキ

17. 悦楽カメリア

18. ミュステリオン

19. Don't be long

20. UNLIMITED BEAT

21. めぐり逢うすべてに

 

アンコール

22. RODEO COWGIRL

23. Young Alive!

24. 絶対的幸福論

25. 花は咲く(ゲスト:山寺宏一 NHK 東日本大震災復興応援ソング)

26. STARTING NOW!

 

ダブルアンコール

27. SUPER GENERATION(合唱)

 

基本的には今までのツアーセトリを流した感じでした。

 

花は咲くでサプライズゲストで山ちゃんが来ました。

最近のライブではゲストがよく来るようになりましが、今回はガチな大物でしたね。

 

大物といえば、スガフェスというライブへの出演が決定したそうです。

ミスチル、ポルノ、バックホーン、水樹

 

おぉ・・・

 

どういうセットリストを考えているんでしょうね。

非常に楽しみです。

 

11月にFCイベントが決まったとのことです。

昨日、忙しいだろうからもうイベントはないと思っていたらFCイベやるんですね。

前回は武道館でしたが、今回はさいたまスーパーアリーナで2dayやるとのことです。

なんだかすごい規模のイベントになってしまいましたね。

SSA級で身分確認やるんですかね・・・。

全員入場するのに何時間かかるのやら。

 

とりあえずは直近の出雲を楽しみに待とうと思います。

水樹奈々 LIVE ZIPANGU_1日目_感想

水樹奈々 さいたまスーパーアリーナへ行ってきました。

 

FEVER以来の7年ぶりの冬ツアーだそうです。

紅白歌合戦もなく、夏は忙しいみたいなのでこのタイミングが丁度良かったのでしょう。出雲大社ライブが終わったら、今年のライブは終了ですかね。

なのはのテーマソングも歌うんでしょうし、今年はシングルは出るかなぁと思うのですが、ミュージカルでどのくらいの負荷になるんでしょうね。

何卒ご自愛いただいて、来年は久しぶりにグレイスをやって欲しいですね。

 

以下、セットリスト

 

1. WILD EYES

2. はつ恋

3. 純潔パラドックス

4. BRACELET

5. Tears Night

6. ETERNAL BLAZE

 

CHERRY BOYS コーナー

 

7. STAND UP!

8. Clutch!!

9. STORIES(企画:バイオリンでのアコースティック)

10. ALONE ARROWS

11. エデン

 

Team YODA コーナー

 

12. Please Download

13. Lovely Fruit

14. SUPER GENERATION

15. TWIST & TIGER

16. ヒメムラサキ

17. 悦楽カメリア

18. ミュステリオン

19. SCARLET KNIGHT

20. UNLIMITED BEAT

21. めぐり逢うすべてに

 

アンコール

22. RODEO COWGIRL

23. Young Alive!

24. 絶対的幸福論

25. 花は咲く(NHK 東日本大震災復興応援ソング)

26. STARTING NOW!

 

以下感想

奈々さん体調悪いんですかね。声の調子が悪いなという印象を受けました。なんとなく高音がかすれてたり、Please Downloadでは3,4箇所くらい歌詞を間違ってましたね。

奈々さんが歌詞間違えるのはそれほど珍しくはないとは思うのですが、ここまで何度も間違えているのは見たことはなかったですね。

ツアーは明日で終わりますが、出雲もミュージカルもあるので体調には気を付けてほしいですね。ADVENTUREの前例もあることですし。

 

今回の企画セッションはカドディーのバイオリン一本の演奏で、STORIESを演奏しました。ほかの公演でのセッションでもSTORIESは何度も選ばれて演奏されているようですが、まぁ確かにSTORIESはアコースティック映えするんですかね。非常に良かったです。

代々木ではLOOKAWAY と PRAYは聞いたので、ぜひとも明日はUNDERCOVERが聴けたらいいなと思います。

 

本日は、東日本大震災から6年ということで、花は咲くを歌いました。あの時期にNHKをつけるとうんざりするほど聞いた曲ですね。曲のメロディーは嫌いではないので、奈々さんが歌う分には非常に聴きやすくて、早急な音源化を望みます。この曲にはNHKの商業主義的イメージを感じてしまいますが、曲に罪はありませんので。

 

今日は花は咲くが聴けたという点で非常に特別なライブとなりました。

明日は千秋楽ということで、企画セッションとダブルアンコールで何をやるかが見所ですね。

楽しみに明日を迎えたいと思います。

最後に、なぜか会場にいたゆるキャラを貼り付けます。

f:id:sennoue:20170312020937j:plain

 

 

Acid Black Cherry Recreation4_感想

Acid Black CherryのRecreation を聴きましたのでご紹介を。

 

ABCのカバープロジェクトも4作目になりましたね。

yasuも新しい試みが多く、janne da arcとは違う面白さがありますよね。

 

でも、janne da arcは早く復活してほしいですけどね。

*****************************************************************************

全体的な感想としては、男性曲が多いという点とロック色を強くしたという印象でした。

 

個人的おすすめ曲としては

・流星のサドル

・CLOUDY HEART

フライングゲット

ですかね。

 

流星のサドルは久保田利伸の曲です。

原曲はR&Bでこれはこれで格好いいのですが、

ロック調にアレンジして全く別曲になっており、

yasuのボーカルも相まって非常にいい感じになっています。

 

CLOUDY HEARTはBOOWY

こちらは原曲準拠感がありますね。あまりアレンジした感じではないです。

単純に私がこの曲が好きという部分もありますが、このアルバムの中ではかなりいい感じだと思います。

 

フライングゲット

パッケージ裏の曲目リストを見てぎょっとした曲です。

そして、曲が始まった瞬間にこの曲なんだっけと確認した曲です。

 

本アルバム中で最もアレンジを利かした結果、最もロック(もはやメタル?)になってしまってますね。

完全に遊びに来たなっという一曲です。

まぁ、Raphaelがメタルでタッチをアレンジしたり、アニソンをメタル調にしてしまうような取り組みはよくある話ですし、その延長みたいなものですから、珍しくはないのですが、そこを狙ってきたかと。

でも、AKB48の曲ってロックアレンジしやすそうな曲は多いかもしれませんね、本曲も驚きはしましたが違和感は感じませんでした。

ただ、"ラブフラゲ"の部分は声を張りすぎていて何を言っているかよく聞こえませんよね・・・。

 

以下、その他感想

・Mは前奏のアカペラがポイントです。

 普通に歌えば相当いいと思うんですが、こういうアレンジは好きじゃないですね。

 

Tomorrow never knowsはロックすぎますね。

 私はこの曲が人生で一番好きな曲なので、非常に面倒な思いがあるのですが。

1. ギターがうるさい

2. ドラムがうるさい

3. 1番のサビがうるさい。もう少し静かに入ってほしい。

4. 2番のサビに向けての盛り上がりが足りない。

5. 最後の大サビはいい感じだと思いました。

 完全に個人の勝手な意見を通して、ABCファンの方の心証を悪くしたところで、以上です。

 

でも、今回のRecreationが一番好きですけどね。